1. >
  2. >
  3. 家が出来て入居までの流れが知りたいです。
契約

家が出来て入居までの流れが知りたいです。

書類作成はプロに頼める?

今はペット可のマンションで暮らしているのですが、今暮らしているペット可のマンションでは少し手狭になってきました。
ワンちゃんがのびのび遊べるような庭付きの家を建てたいと考えています。
家を建てる前には住宅ローンの申請や施工業者選びなど色々と大変なこともあるかと思いますが、実際に家を建てた後はどのようなことを行わなければいけないのでしょうか?

費用や労力の点で、事前にどのようなことを準備しておけば分からいので教えてほしいです。
家が建った後にも苦労をしたくないので先に準備をしておきたいです。

書類作成はプロに頼める

家の工事が終わった後は施工検査をして問題がないのかの確認が行われます。
そのあとには引き渡しが行われるのですが、その際には鍵と書類を受け取ることになります。
このときになって、施主に管理責任や所有権などが移ることになるのです。

表示登記と保存登記の申請や引き渡しの際の保証料や登記費用、ローン契約の印紙税といった諸費用の支払いがあるため注意しましょう。
基本的にこのような書類の申請というのは司法書士の方に任せることができます。
書類作成のプロが司法書士であり、安心して正確な書類を作成してくれるでしょう。
もちろん、司法書士に対して費用をしっかりと支払う必要があるため注意しましょう。

引越しやローンの返済

引き渡しが終わったならば、新しい自分の家に引越しをすることになります。
この際には、以前住んでいた住宅からたくさん荷物を運びこむことになるでしょう。
引っ越し業者を利用することで、荷物の量が多かったとしてもスムーズに運べます。

以前の家で電話や電気、ガスなどの移転手続きを済ませておいてから新居へ移りましょう。
引越しをする際にはさまざまな手続きを済ませておかないといけないため、何をしなければいけないのかをリストアップしておきましょう。
たとえば、インターネットのプロバイダと契約しておかないと、新居でネットに接続することができません。

引越し代だけではなく、不動産所得税や都市計画税といった税金が発生して、さらには近所の人達への挨拶費も必要でしょう。
一軒家に住むのであれば、周囲の人にきちんと挨拶をしておかないと後々面倒なことになります。
あの家の人は挨拶をしてこなかったと不快感を示すような人がいるかもしれないからです。

また、引越しをすれば、ローンの返済が開始されて、さらにメンテナンス費用の積み立てについても考える必要があります。
ローンをきちんと返済することができるのかをよく考えて、スケジュールを立てましょう。
長く家に住んでいるとさまざまなところに問題が発生することがあるため、きちんとメンテナンス費用を準備しておくことも大事です。

依頼先にアフターサービスやメンテナンスを頼めるようなら、積極的に利用しましょう。
家を建てて実際に新居で生活を始めたあとも、依頼先とは良好な関係を築けるようにしましょう。
さまざまな機会でお世話になることがあるかもしれないからです。