1. >
  2. >
  3. 注文住宅で失敗した話とかありますか?
工具

注文住宅で失敗した話とかありますか?

ショックだと思う

新築の住宅の購入は数千万円もする買い物で、実際に家を建てた後に失敗したと思う方はいらっしゃるのでしょうか?
決して安くない金額がかかるものなので、家を建てるなら絶対に失敗したくありません。
しかも借金をして買うものでもあるため、一度建てた家が思った通りの住みやすいものでなかった場合とてもショックだと思います。
失敗をしないためには、過去に住宅で失敗した人の意見をきちんと参考にしたいと思います。

注文住宅で失敗した具体例

どのような工法を用いて建築するのかにこだわらなかったために、リフォームがしにくい工法だとあとで分かったということがあります。
新築の際にはリフォームのことはあまり考えないかもしれませんが、将来的にはリフォームしたくなることは必ずあるでしょう。
そのときのために、リフォームしやすい工法を採用しておく方が良いです。

また、よくありがちな失敗としては採光のために窓の数が多くしすぎてしまい、それによって家具が配置できなくなったケースです。
リビングに階段のある住宅がありますが、これだとエアコンの効きが悪くなってしまいます。
開放的な吹き抜けに対して憧れを持っている人がいるのですが、冷暖房の効率が悪くなるため、夏や冬に困ってしまうことが多いのです。

広い庭に憧れる人はいるのですが、どんどん雑草が生えてきてしまうため、その手入れに疲れるという人はたくさんいます。
庭は定期的に手入れをしないとどんどん荒れてきてしまうことを理解するべきでしょう。
狭い敷地に家を建てる際には、隣家との距離が近いために物音に神経質になってしまいます。

図面を見ただけでは分かりにくいことなのですが、階段が狭くて急なために使いにくいことがあります。
地域によってはゴミ当番をしなければいけないこともあるため気をつけましょう。
このようにさまざまな不満が生じることがあるため、家を建てる際には気をつけましょう。