1. >
  2. >
  3. 隣人トラブルには防犯カメラがいいって本当でしょうか?

隣人トラブルには防犯カメラがいいって本当でしょうか?

隣人トラブルで防犯カメラの設置を検討しています

隣人とのトラブルで悩んでいます。
分譲住宅であるためにすぐに引越しができないですし、私たちに非があるわけではないために悔しくて引越ししたくないとも思っています。

元々は相手の家の騒音が気になってその旨を伝えただけなのですが、それから自宅前にごみが置かれたり、植物にいたずらをされたりという嫌がらせが続いているのです。
さらにこのような嫌がらせが加速することも避けたいために、極力穏便に済ませたいと思っているのですが、防犯カメラを設置するだけでも効果はあるのでしょうか。
また、証拠として防犯カメラの映像は有効なのでしょうか。

防犯カメラの設置は様々な効果があります

家庭用の防犯カメラを設置すると、それによって犯罪抑制効果が期待できます。
防犯カメラがあることに気づけば自分が嫌がらせをしている犯人であるという証拠が掴まれてしまうという不安から嫌がらせを止めることがありますし、不審者が侵入することを予防するという効果もあります。

防犯カメラを設置するにあたっては、明確に防犯カメラがあるということを相手に伝わるようにする方が嫌がらせの抑制効果が高まります。
玄関前の目立つところに設置をしたり、防犯カメラ作動中のステッカーを貼ったりするようにしましょう。

ただし、家の中で防犯カメラから死角になる場所ができるとそこに嫌がらせをしてきたり、変な噂を流したりと別の形で嫌がらせをしようとしてくることもあります。
そこで、防犯カメラがないところに嫌がらせが起きる場合には複数箇所設置をしたり、警察に相談をしたりということを合わせて行うようにしましょう。

多くの場合には、防犯カメラを設置することによって嫌がらせが止まる傾向にあります。
しかし、嫌がらせが止まるどころかエスカレートする場合には傷害事件に発展してしまうというケースもありますから、早いうちに対策を立てるようにするのが望ましいです。

防犯カメラの性能にもしっかりと注意を

防犯カメラを設置すればそれだけで安泰と思っている人がいます。
しかし、中にはカメラを設置しても嫌がらせを続けてくる人がいますから、しっかりとその証拠を残すことができなければ意味がありません。

設置をすればそれで安心だと思っている人は性能が低いものをつけることがあります。
せっかくお金を払ってカメラを購入しても性能が低いものだと夜の映像は不鮮明で犯人特定が難しくなってしまい意味がないことがあるのです。
そこで、カメラを設置する際には万が一の時にしっかりと証拠となるように、それなりに性能にこだわって夜間でも人の判別ができるほどのカメラ性能のものを選ぶようにするのが望ましいです。