1. >
  2. >
  3. 土地探しのポイントはありますか?

土地探しのポイントはありますか?

土地探しのポイントを教えてください。

今現在、これから家を建てるための土地を探しています。
色々な場所を見ているのですが、どのような基準で土地を決めれば良いのかがわからなくなってしまいました。

不動産屋さんもあまり適切なアドバイスをくれないために、自分でも何を大事にするべきなのかがわからなくなっているのです。
購入後のトラブルも心配であるために、しっかりと納得して土地を決めたいと思っています。

これから土地を選ぶにあたって気にするべきポイントはどこなのでしょうか。
また優先するべきことや妥協するべきことについても教えていただけると助かります。

土地探しにはいくつかのポイントがあります。

せっかく家を購入して住み始めてから近所の人とのトラブルに見舞われてしまったり、自然災害で被害を受けたりしてしまうことは悲しいことです。
大金をはたいて家を購入するのですから住んで良かったと思える場所を選びたいものです。

そこで、土地を探すにあたってはいくつかのポイントを重視します。
まずはエリアをしっかりと吟味して決めることです。
生活の利便性を考えて都市に近い場所に住むのか、子供の生活を考えて自然豊かな土地や学区を優先するのか、何に重点を置いて生活するエリアを決めるのかということが大事になります。

土地というのは自分たちのためだけでなく、将来的に子供達に引き継いでいくものになります。
そこで、その土地の雰囲気やエリアにある公共施設や商業施設、医療機関、教育環境といったものだけでなく、騒音や振動といった嫌悪施設の有無や近隣住居の問題についてもしっかりと確認をしておきましょう。

次に土地の強度や用途地域についてもしっかり確認が必要です。
土地を購入したけれども希望しているような家が建てられないというのでは意味がありません。
そこで、しっかりと土地が住宅用として問題ない土地であるのかを確認して置くことが必要になります。

安全チェックは念入りに

土地を購入するにあたってその土地が安全であることはとても重要です。
命に関わることでもありますから、不動産屋に確認するだけでなく自分でもしっかりと調べるようにしましょう。

調べる内容として水域を埋め立てた土地であるのかということは必ず確認をしておきたいものになります。
市町村の図書館で古地図や航空写真を見て昔はどのような土地利用がされていたのかを目で見て確認をすることや、法務局で土地登記簿謄本を取るのも有効です。

また、近隣住居の家がどのような状態になっているのかを確認するのも有効です。
ヒビが入っている家が複数あったり、その幅が広いものであると注意をするべき地域であると言えます。
状態をしっかり把握しましょう。