1. >
  2. >
  3. 縁起の良い観葉植物!金のなる木っていいのでしょうか?

縁起の良い観葉植物!金のなる木っていいのでしょうか?

風水初心者です。金のなる木というのはあるのでしょうか。

一人暮らしを始めてインテリアに興味が出てきました。
その中でも風水が気になっています。
せっかく家のインテリアを考えるならば、少しでも生活が豊かになるようにしたいと思って、風水に興味が湧いています。

その中でも金運が上がる家にしたいと思っているのですが、黄色いものを置くのは我が家のインテリアに不向きです。
そこで、観葉植物の中に金のなる木と言われるものはあるでしょうか。
あるようでしたらそういったものをインテリアに取り入れたいので是非教えてください。

金のなる木はあります

金のなる木と呼ばれる植物があります。
正式名称はベンケイソウと呼ばれるもので多肉植物です。
丸いころんとした見た目の葉っぱをつけているのが特徴であり、その可愛さからインテリアとしてもオススメの植物です。

ベンケイソウは多肉植物の中でも育てやすいものです。
水やりの回数も少ないですから忙しい人でも枯らすことなく育てることができます。

弁慶草が金のなる木と言われるのは、一攫千金、富、幸福を招くといった花言葉が付いているためです。
葉っぱの丸い形が硬貨に似ていることが由来と言われています。
縁起の良い名前であるため、最近では開店祝いや引っ越し祝いとしてプレゼントされることもあり、そういった場面ではよく使われる植物です。

風水では金運アップの効果を上げるには、金のなる木を南東に置くのが良いとされています。
特に家族が集まる場所であるリビングに置くとより効果的です。

金のなる木にはいくつかの種類があります

品種改良をしやすいために、金のなる木にはいくつかの種類があります。
見た目やサイズ、色によって自分の好みのものやインテリアにより合うものを選ぶことができます。

葉っぱが肉厚で太く、丈夫で育てやすいのがカゲツです。
それに対して見た目が似ていて黄色い斑点が入るのがオウゴンカゲツです。
オウゴンカゲツは日に当たると葉っぱが黄金色になるために、縁起の良いプレゼントとしても重宝されています。

カゲツの斑点の入ったもので、クリーム色や白い筋が入るのがカゲツニシキです。
これも色が複数入っているということでナチュラル系のインテリアに合わせやすい色味になっています。
株がコンパクトで小さめのサイズが良いという場合にはヒメカゲツがオススメです。

多肉植物でも花が咲くものが良いという場合には、サクラカゲツがオススメです。
晩秋から春にかけて桜を思わせるようなピンクの花が咲きます。

このように、金のなる木といっても種類が様々あります。
同じ品種でも見た目に違いがありますから、是非お店に足を運んで自分の好みに合うものを選ぶようにしましょう。