1. >
  2. >
  3. 隣人トラブルの対象方法はどうすればよいでしょうか?

隣人トラブルの対象方法はどうすればよいでしょうか?

隣人トラブルで悩んでいます

せっかく家を購入したのに、隣人とのトラブルで悩んでいます。
生活音がうるさく、夜間でも洗濯機が動く音や掃除機をかける音がしておりストレスを感じています。

また、子供が家を走り回る音であったり、大声で歌ったり走ったりしている声も気になってしまいます。
しばらくその状態が続いており、これがこの先もずっと続くのかと思うと不安でなりません。

こういったことを注意したことによってさらに騒音が激しくなることや別の嫌がらせをされてしまうようなことが起こることが不安で伝えることができません。
何か良い伝え方はありますでしょうか。

管理会社や自治体、民生委員を通すことで伝えやすくなる

マンションのような集合住宅であったり、ニュータウンのような戸建でも建売の物件であったりすると、隣人トラブルにも管理会社が対応してくれるケースがあります。
管理会社に騒音で悩んでいる旨を伝えれば、実際の現場に足を運んでくれ公平な立場で注意喚起をしてくれます。
その際、どこの家から苦情があったかを伝えることなく注意をしてくれるので自分たちが告げ口をしたと嫌がらせをされる心配もありません。

管理会社がない場合には、自治体の相談窓口や地域の民生委員にその旨を伝えて同様の対処をしてもらうことができます。
きちんと守秘義務を守って適切な対応をしてもらうことができますから、まずは相談をしてみましょう。

音については人によって感じ方が違うので、何度か足を運んで第三者があまり騒音と感じないと判断すれば自分が神経過敏になっていたり、耳が良くて音に敏感であったりということを判断することができます。
そう言った点でも第三者に相談をするとうことは有効であると言えます。

もしも少しでも気になっている人がいるとなれば、個人に向けではなく全体に向けての注意喚起をするということを対処として行ってくれるケースもあります。
注意書きが入ることによって気をつけてくれることもあり、これによって解決をすることも十分にあります。

自宅で行える対策もしてみる

もしも自分たちだけが過敏になっていて周囲の人たちはあまり騒音と思っていないとなれば、自宅でできる騒音対策をしっかりと行うことが必要となります。
小さなことですが、音がする方に家具を配置したり、厚めのカーテンを置いたりするだけでも家具やカーテンが防音効果を高めてくれて音を気にせずに済むようになることがあります。

また、自宅での過ごし方にも工夫をすることがオススメです。
夜中の洗濯機の音が気になる場合には、洗濯機が動いている場所近くに寝室を設けている可能性があります。
そこで、寝る場所を変えたり枕の位置やベッドの場所を変えたりするだけでも少し音が気にならなくなることがあります。